登録日:2019/09/08 

薪ストーブのある吉山の古民家③

 

吉山の古民家は、木工事も大詰めとなってきました。

 

更新が滞ってしまっていたので、少しづつ工事のようすを紹介できたらと思います。

 

今回は洗面台についてです。

 

洗面台の種類は大きく分けて、2つあります。

 

メーカーさんが工場で作らられている既製品の洗面台と、大工さんや設備屋さんが現場で作成する造作洗面台の2種類です。

 

吉山の古民家では、造作洗面台を採用しています。

 

造作洗面台はお施主様のオリジナリティが反映されやすく、デザインも様々です。

 

既製品も造作もそれぞれメリット、デメリットがありますが

 

「デザインにこだわりたい」、「世界に1つだけの洗面台を作りたい!」と思われる方は、造作洗面台がオススメです。

 

吉山の古民家は木(樹種:ツガ)の天板に、陶器の洗面ボールを置き、壁の立ち上がりにタイルを貼る予定です。

 

完成した時には、施工例に更新しますのでお楽しみに!

 

↑配管用の穴を開けました