登録日:2019/11/11 

空き家コンサルタント養成講座

 

先日、広島良質住宅整備促進協議会が開催しておりました「空き家コンサルタント養成講習会」に参加してまいりました。
 

最初に広島県土木建築局住宅課より県の現状と対策をお話されました。
ポイントとして
住宅を取得した経緯 ①相続した52%②新築した23%③中古を購入した17%④その他8%
相続した人が空き家にしておく理由
①解体費用をかけたくないから②物置として必要だから③仏壇など捨てられないものがあるからなど
空き家になりやすい要素が沢山あるのが現状です。

次に話されたのは宅建士のかたで
空き家の活用方法を不動産の観点からお話されました
まずは相続などで引き継いだ家をどう活用するかに分かれます> 家族で使う(住む)予定は? 住む(維持管理) 更地にして売る 建物を貸す・売却する
空き家の活用方法 賃貸住宅経営 民泊 トランクルーム オフィス経営 介護系施設経営
それぞれ立地や条件などで活用できないものもあります。
*空き家発生を防ぐには・・
物件ごとに「保有」か「売却」かを所有者(被相続人)が元気なうちに家族(相続人)と話合う。意思を伝える

●「保有を選択」 *保有コストの低減 *相続対策
●「売却を選択」 *その後の資産運用

建築からでない観点からの話はとても参考になりました。
その話がついてから建築(住宅)をどう活用するかで出番がでてきます。